奄美大島への移住支援サイト ねりやかなや

「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、
「海のかなたの楽園」の意味です。

お問合せ サイトマップ

与論島

島の内側をぐるっと県道623号線が走り、与論島の市街地茶花と空港と港をつなぐ形で県道631号線が走っています。

与論島

島民のほとんどがマイカーを利用していますが、路線バスも運行しています。

島を時計回りのルート、反時計回りのルートの2つの路線があり、1周40分程度です。運賃は一律200円です。

バス停はありますが、タクシーのように気軽に手をあげて、どこでも乗り降りが出来るようです。

バスの詳細はこちら

バス以外で島内を移動する場合には、タクシー、レンタカー、レンタサイクル/バイクとなります。小ぶりで比較的アップダウンのない島なので、自転車を利用する観光客もよく見かけます。

レンタカー利用時にアルコールを飲む場合には、運転代行サービスがあります。詳しくは現地のお店等でお訪ねください。

タクシーは与論島一番の繁華街、茶花(ちゃばな)では比較的簡単につかまりますが、他の集落では流しのタクシーはほぼつかまりません。タクシーを利用する場合は、タクシー会社に電話しましょう。

主なレンタカー、タクシー、レンタサイクル/バイク会社の連絡先はこちら

  • HOME
  • >
  • 奄美の暮らし
  • >
  • 島内交通
  • >
  • 与論島

PAGE TOP