奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2010.07.18
ともみ 様より
仕事探しについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ともみ
在住都道府県 = 兵庫県
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

奄美大島の笠利辺りに移住を考えています。
しかも、9月頃を目安に考えているのですが。

何から始めたら良いのか、とにかく仕事を探す!と思っているのですが、 9月勤務開始希望で、今から履歴書を送付するものなのか・・・等。
 
また、移住後すぐは、マンスリーマンションに住んでみようかなとは思っているんですが、その1ヶ月の間に職は見つかるものなのか、ホテルの仕事を決めてから移住した人の話を聞いたことがあるのですが、 それはきっと運が良かったのだろうと、思うことにしています(笑)
 
突然のメール、すみません。
良かったら、こんな無知な私に何か教えていただけたらありがたいです。
Iターンで移住されている方は、かならずしも、仕事を見つけてから 移住されている方ばかりでしょうか? (それに越したことは無いことは、重々承知なのですが・・・)

------------------> Masumiからの返事
ともみ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうござます。

さて、お問い合わせの件ですが 仕事を先に決めてから移住か、 移住してから仕事を探すかは鶏と卵の関係ですね。

仕事が見つかる前に移住した人もいらっしゃいますが、必ず「大丈夫」とは言い切れません。
以下の点について、ご留意くださいね。
 
1)希望職種が常時求人募集しているわけではない。
2)島内に住民票がないと、断られることがある。
3)お給料は総じて内地より低い。
 
マンスリーマンションに取りあえず居を構えて、 仕事を探すことは現実的だと思いますが、 そう簡単に就職が決まるわけではないと思っていた方が無難です。
 
希望の求人があれば移住前でも連絡してみた方がいいでしょうし、 仕事が決まるまでの期間が内地より長いことを考慮して資金を準備し、 アルバイト等も視野に入れておくことも必要かもしれませんね。

不明なことなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。

2010.06.25
たぐち 様より
移住検討の順序についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = たぐち
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

東京育ちですが、奄美の大自然に囲まれて暮らしたいです。

2年後に単身で移住を考えていますが、住居きめてから、仕事見つけるとなると、不安です。
なにか、いい方法はありますか?

------------------> Masumiからの返事
たぐち様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、また、お問い合わせメールをありがとうございました。
 

「家が先か、仕事が先か」とのお問い合わせですが、住みたい地域を絞るか、仕事にこだわるかで状況が変わってくるかと思います。
2年後に移住をご希望されているとのことなので、まずは奄美でどのような生活をしたいかのイメージを持たれるのはいかがでしょうか?
譲っていいもの、譲りたくないものが固まってくると、優先すべきものが決まるので、それに合わせて行動されるのが一番だと思います。
 
今後ともねりやかなやをご利用頂ければ幸甚です。

2010.06.20
ゴウ 様より
移住検討についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ゴウ
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

突然のご連絡、メールにて恐れ入ります。
神奈川県在住の31歳のゴウと申します。

現在、妻と2人で実家の横浜市に生活しており、 11月には子供が産まれる予定となっております。
 
わたくしの仕事はアパレル業界にて約13年間百貨店や専門店などで 販売職・店長職・営業職に従事しておりましたが、結婚を機に退職致しました。
新たな生活を奄美大島でスタートしたいと思い、 未熟ながらアドバイスを頂きたくご連絡致しました。
 
というのも、私自身高校時代からサーフィンを趣味としております事もきっかけなのですが、これからの人生を本当に大切な人やモノだけで、 様々な情報やモノに左右されることなく、 ゆったりと歩んで行きたいと心より願っております。
 
ホームページを拝見させて頂き、島への移住生活はそんなにあまくないものと、 ひしひしと実感しておりますが、これから様々な方々に出会い、 アドバイスを頂く機会を貰う事が出来たら幸いに思っており、助けて頂きたいです。
 
明日、地元のハローワークに行き、奄美大島での職業の紹介が可能かどうかを 確認してみようかと思っております。
 
取り急ぎは、わたくしのみ先に島にて生活をさせていただきたく、 妻は出産後にこちらに移住出来ればと考えております。

まず、どのように行動すればよろしいでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

------------------> Masumiからの返事
ゴウ様
お問い合わせ回答: 

お問い合わせをご利用頂き、ありがとうございます。
 
一般的には移住に当たっての最大のネックは 仕事と住まいです。
「海のそばの家賃の安い古民家に住みたい」
「これまで従事していた仕事に就きたい」
この2点が最も難しい問題になるようです。  

賃貸物件は奄美大島の都市部、奄美市名瀬以外は物件自体が出回ることが少なく(不動産仲介ではなく知り合い同士の相対取引が主体)、 あっても島内保証人を必要とする物件が殆どになってしまいます。
 
また、お仕事は会社数自体が少なく、さらに従業員数が数人といった中?小企業が大半で給与が非常に低いので、 希望職種と求人がマッチすることが少ないのです。
 
でも、そのような厳しい環境でも移住される方はたくさんいらっしゃいますし、 充実した生活を送っています。
ただし、移住前に奄美での生活で何を一番重要視するかの軸が定まっていなかった方は内地に戻って行かれるケースが多いです。

「都会のような刺激は求めても殆どない」
「人口密度が低いので、おのずと人間関係が濃くなる」
「一年の大半が夏で、残りが天気の悪い日(雨、風)」
 
上記のような状況で「楽しい」と感じられる生活が送れるか どうかが、「住まい」や「仕事」よりも大事だと私は考えています。
 
住まいや仕事はご本人次第で妥協の余地がありますが、 ライフスタイルに対する価値観自体はそう簡単に変えられないことが多いからです。
 
悲観的なことばかり書いてしまいましたが、当面のアクションとして
1.どんな日常生活を送りたいのか
2.仕事は給与や労働条件を含め、どこまで妥協できるか
3.住むならどの地域か(奄美は周囲500キロ程度の大きな島です)

といったところを考えつつ、一度、「仕事や住まいを探す」目的ではなく 、ご夫婦でゆっくり島を回りながら、移住者たちと話す旅をされることを お勧めします。
 
なお、国交省事業で今秋にモニターツアーが実施される予定ですので、 ご興味があれば骨子が決まった段階でご連絡致します。
 
乱文となってしまいましたが、参考になれば幸甚です。
今後ともねりやかなやを宜しくお願い致します。

2010.05.23
nobu 様より
ツアー開催についてのご質問を頂きました!
ハンドルネーム = nobu
在住都道府県 = 神奈川県
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

はじめまして。
神奈川県在住のnobuと申します。

以前に奄美本島に旅行に行き、温暖な気候、雄大な自然に惹かれ、移住を希望しています。
今年中にまた訪れるつもりですが、なにか、ツアーなど企画があれば参加させていただきたいのですが、予定はありますか?

------------------> Masumiからの返事
nobu様
お問い合わせ回答: 

この度はお問い合わせメールをありがとうございました。

さて、お問い合わせの移住ツアーですが、今年度も奄美群島の行政と一緒に移住希望の方々向けの企画を予定していますが、まだ詳細が確定しておらず、ご案内できるのは秋頃になりそうです。

奄美大島のトップシーズンは10月いっぱいなので、残念ながら上記ツアーは11月以降のオフシーズンに開催となります。
詳細が決まりましたら、ねりやかなやでご案内致しますので、今しばらくお待ちください。

また、ツアー等にご参加いただく際のご希望等、皆様のご要望は随時大募集しておりますので、お気軽にご意見をお寄せください。

今後ともねりやかなやをよろしくお願い致します。

2010.04.21
たか 様より
住居検討についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = たか
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

東京生まれ在住、妻と3人の男の子の5人家族です。

今後(本年Xmas目指して)奄美に移住を考えて下り、まさにできるだけ生徒数の多い小学校が徒歩でいける、病院もそれなりが欲しい、されど海と自然は住居には必要。
と、ワガママな事を考えて下ります。
地図を見る限り龍郷、笠利がいいかと考えてます。
何かと不躾ではありますがIターンにて奄美の移住者に対する受け入れなど諸々伺いたくメールしました。
宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
たか様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

さて、お問い合わせの件ですが、移住の受け入れは行政で対応が異なるのが実情です。
奄美大島南部の瀬戸内町が最も積極的で、南ほど熱心という感じでしょうか。

でも、移住者が多いのは北部で、これまで移住してきた方々は奄美大島に来島して気に入った集落で空き家はないかを訪ねている過程で知り合った方々を通じて交流を深め、住まいや仕事を探した例が多いですね。
島の人々は決して閉鎖的ではありません。
奥手な方が多いのか、最初はとっつきにくく感じますが、顔見て知り合いになるととても親切ですよ。

また、今は具体的にお伝えできませんが、昨年度実施していた国土交通省の移住支援事業は奄美群島に引き継がれることととなり、今現在、今年度に実施するプランを行政とともに検討中です。
間もなく構想を発表できると思いますが、それまでに期待されるプランなどがありましたら、リクエストしてくださいね。

今後ともねりやかなやをよろしくお願い致します。

2010.02.19
匿名 様より
たんかん通販についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 匿名
在住都道府県 = 神奈川県
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

昨年注文して非常においしかったので連絡を頂いた2月初旬以降注文しようと思いつつノロノロしていたら完売!
もう追加収穫はないですか?
あるのでしたら、今度こそ迅速に注文入れます。

------------------> Masumiからの返事
匿名様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用頂き、昨年のタンカンのご注文をありがとうございます。
今現在、収穫中で再販できるかを検討中です。
購入ご希望の方は tankan@neriyakanaya.jp にご連絡頂ければ、再販決定時にメールにてご連絡致します。

2010.02.18
しょうへい 様より
モニターツアーのご感想を頂きました!
ハンドルネーム = しょうへい
在住都道府県 = 兵庫県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

こんにちは。
モニターツアーに参加させて頂きました しょうへいです。

ツアーでは、Masumiさん他、ガイドさん、先に移住された多くの方々、各地の役場の方々にお会いでき、とても有意義な3日間でした。
どなたにも本当に親切にして頂き、様々な情報やアドバイスを頂き、感謝しております。
特に、食事やお酒を飲みながらの移住者の方々との交流では、もしかすると失礼かと思われるプライベートな質問にも親身になってお答え頂き、他では聞けない生の声を伺うことが出来、とても貴重な時間を過ごせました。
また、奄美を1周しながら訪れた各地の集落の特色の違いも感じることもできました。

次は今回得た情報を整理し、具体的に住みたい地域を絞って、空家探しに訪問したいと思います。
その際はまた宜しくお願いします。

ツアーの感想としまして、はじめて奄美を訪問される方、奄美に知人・友人のいない方が移住のための下見をされるのに最適だと思います。
こちらのサイトをご覧の他の移住希望者さんにもお勧めなので、第2回、第3回が催されるといいですね。

------------------> Masumiからの返事
しょうへい様
お問い合わせ回答: 

ハードなスケジュールと高い旅行代金にも関わらず、ご家族でのツアーのご参加をありがとうございました。
そして、素敵なコメントも。
しょうへいさんのコメントを拝見すると、もっと頑張る気力も湧いてきます。

今後も知りたいことや奄美大島でやってみたいことがあれば、コメントくださいね。
できる限り対応していきたいと思います。

皆さんのコメントがねりやかなやのサイト充実には不可欠で、皆さんのコメントからさらに皆さんに役立つことを期待して努力していきたいと思いますので、今後ともねりやかなやをよろしくお願いします。

2010.02.17
ワイちゃん 様より
たんかんのご感想を頂きました!
ハンドルネーム = ワイちゃん
在住都道府県 = 静岡県
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

本日、昼頃、貴農園の「たんかん」が届きました。

丁度、その時両親から、電話があり、「こんな、美味しいミカン食べたことない~」と、喜びの声でした。
本当に両親も喜んでいました。

ありがとうございました。

------------------> Masumiからの返事
ワイちゃん様
お問い合わせ回答: 

ご丁寧なメールをありがとうございます。
来年もがんばりますので、今後ともよろしくお願い致します。

取り急ぎお礼まで。

2010.02.13
匿名 様より
たんかん通販についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 匿名
在住都道府県 = 茨城県
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

たんかんを購入したかったが完売とのことであり残念ですが、再販売とのことであり、ぜひ購入したいので連絡をお願いします。

------------------> Masumiからの返事
匿名様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

タンカンの販売再開が決まりましたらご連絡致しますので、よろしくお願い致します。

2010.01.30
けいこ 様より
たんかん通販についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = けいこ
在住都道府県 = 千葉県
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

昨年のタンカン販売のホームページを見させていただきました。
ぜひ、タンカンを注文したいと思っておりますが、今年もこれからタンカンの販売の予定はありますでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
けいこ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

さて、たんかんですが、今年も販売致します。
是非、ご検討のほど、よろしくお願い致します。

2010.01.29
しょうへい 様より
モニターツアー参加のご報告を頂きました!
ハンドルネーム = しょうへい
在住都道府県 = 兵庫県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

いつも拝見しています。
今回2度目の書込みとなります。

09年11月に奄美に初めて訪問し、移住の意思が固まりました!
2月のモニターツアーに申込みを済ませ、期待を膨らませております。
現地の方々、同じ移住希望者の方々との交流が持てるこの上ないチャンスを、移住に向けてのステップアップに生かしたいと思っています。

私はIターン希望なのですが、現地に親しい知人もおりませんので、こちらのサイトが益々充実して本当に有難いと思っています。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
しょうへい様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご愛読いただき、ありがとうございます。

ツアーにご参加されるとのこと。
ありがとうございます。
私も可能な限りツアーに同行するので、お会いできるのを楽しみしております。

また、参加される方々のご希望は可能な限り臨機応変に対応したいと考えていますので、リクエストがあればどんどんお知らせください。
移住者に関しても、「こんな人に会いたい」ということがあればお知らせくださいね。

それでは、奄美でお待ちしております。

2010.01.27
ゆーたんママ 様より
子育て世代の移住についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ゆーたんママ
在住都道府県 = 静岡県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

はじめまして。
一男次女を持つ静岡県に住む者です。

最近、主人と離島への移住を考えております。
理由はのびのびと子供を自然の中で育てたいということと、多少、ビックダディーの影響もありますが、
周りの人々とコミュニケーションを取りながら生きていく生活に憧れます。
離島移住を簡単に考えていると思われてしまうかもしれませんが、少人数の学校で先生の目が行き届き、衣食住の大変さや有り難みを覚え、休みの日には親子のコミュニケーションを大切に過ごしていく…そんな生活を望んでいます。

子供が好きなので余裕があればもっと欲しいのですが、静岡ではゆとりと余裕が持てず無理そうです。
近いうちに下見を兼ねてそちらに伺うつもりでいます。

奄美大島は子供に対して、また移住者に対して支援はあるか…やはりお金の事が気になります。
主人は調理免許を持ち、15年調理に携わっています。仕事はすぐ見つかるでしょうか?
自然の中で育てたいという理由から、空き家になっている一戸建てを安くお借りしたいです。
島内、鹿児島県内に知人はおりません。その場合、借家を借りるのが難しいというのは本当ですか?
(保証人の関係で…と聞きました。)
知らない事だらけでお恥ずかしいのですが、離島移住への入口としていろいろと教えていただけたら幸いです。
ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

改めてサイト内を隅々まで拝見して(内容の充実さにびっくりです!
無知の私には有り難い内容ばかり!
ありがとうございます。)以前、相談されているエミさん…エミさんは無事に移住を済まされたのでしょうか?
現住所こそ違うものの、家族構成、年齢、子供の年齢、第一希望としている移住先まで…同じなので
よかったらエミさんのお話し、また移住されたのならアドバイスがお聞きしたくメールしました。
もしも近い将来、共に奄美大島に移住出来たのならきっとお友達になれる気がして(^o^)
直接、連絡をお取り出来ないのならばどうぞよろしくお伝えください!私も家族五人が幸せに暮らせるように
頑張りますと…(#^.^#)

------------------> Masumiからの返事
ゆーたんママ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
また、この度はコメントをありがとうございました。

さて、エミさんの御家族ですが、1月中旬に奄美大島に下見に来られて、2月初旬に移住が決定いたしました。
直接ご本人のアドレスをお教えすることはできませんが、ゆーたんママ様のことはお伝えしておきますね。

それと、奄美大島にご興味があるのであれば、是非、2月にお越しになりませんか?
特に、2/13~2/15の国交省の補助金が出るモニターツアーはお勧めです。
モニター協力ということでおひとり様20,000円のキャッシュバックがあります。
私やIターン歴13年のガイドがアテンドする移住希望の方々のための専門ツアーなので、普通の観光とは一味もふた味も違いますよ。
お仕事や住まいをどうするかを島在中のIターン、市役所職員、ハローワーク職員などと一緒に検討する時間も当然取っています。
前泊/延泊も対応できますし、JALのマイレージも使えます。もちろん、発着の空港に制限はありません。
詳しいことは、http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/tour.html をご覧くださいね。

モニターツアーが難しいようであれば、2月中開催するフリープランをご利用いただくのも一考だと思います。詳しくは、http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/freeplan.htmlをご覧ください。

ご主人のお仕事に関しては、調理師免許をお持ちであれば職は比較的簡単に見つかると思いますが、給与や労働条件はかなりばらつきがあるのでご注意ください。

2010.01.11
AE86 様より
島での生活費についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = AE86
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

こんにちは。
突然のメールで失礼いたします。

当方、中央官庁で約30年仕事をして参りました。
47歳の独身なので、家族のしがらみはありません。
現在の時間に追われるような仕事・生活にも疲れ始めており、第二の人生を考え始めているところです。
どのような仕事でもかまわないのですが、賃金は相当に安いと思います。
島での生活費はどの程度かかるものでしょうか。

------------------> Masumiからの返事
AE86様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
また、この度はコメントをありがとうございました。

さて、お尋ねの件ですが、

お仕事については、
全般的に新規雇用ではなく欠員補充が主体で、かつ縁故採用が主流となるので、 「雇用はあるが職種は限定的で、所得はかなり低め」の状況です。
建設業、医療・介護職は常時雇用はありますが、その他の職種は少なく、ホワイトカラー職は滅多に募集は出ません。
また、所得水準は10~15万円/月と思って頂いた方が無難です。

詳しくは、下記をご参照ください。
http://www.neriyakanaya.jp/job.html
http://www.neriyakanaya.jp/emigration/work/index.html

生活費は、
内地、特に東京等の都心部と違い、安上がりに済むのが一般的です。
奄美大島一の都市部である奄美市名瀬を除けば家賃は1~5万円程度(物件のクオリティは内地レベルではありませんが)、その他の生活費、食費は内地からの輸送コストを転嫁されない、島で手に入るもので満足すれば大幅に下がります。

野菜を育てている方は大勢いらっしゃいますし、場所によっては菜園用の土地(畑放棄地)を無料で貸して下さる大家さんもいらっしゃいます。
釣りや海産物はレジャーとしても楽しめるし、おすそわけも多くあります。

決して物質的に豊かとは言えませんが、多くのお年寄りが国民年金の給付金だけで暮らしています。

逆に、島で生産されないものは基本的に割高なので、ご注意ください。
トイレタリー用品等の日用品、内地の野菜や肉、魚も含みますし、家電や車の修理なども高めです。
ただ、ネット通販をよく調べると、島の店舗で購入するより安く済むこともあります。
奄美大島は鹿児島県になるので、沖縄と違い送料が内地と同様の設定をしている業者があるからです。

以上、ご参考になれば幸甚です。
これからも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2010.01.06
エミ 様より
住む地域選びについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = エミ
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

2月初めに奄美大島への移住を考えているものです。
家族は主人、私、小学校1年生の息子、4才の娘に1才になる赤ちゃんの5人家族です。
主人はIT系の会社を経営しており、横浜ー奄美大島を行き来することになります。

1月中旬に奄美大島をおとずれ住まいを探したいと思っております。
奄美大島にはに 知り合いもいないので、訪れる前にだいたいの住む場所(地域)の情報や
相談できる方を紹介していただけたらと思いまして、メールさせていただきました。

都会的なくらしのできる場所ではなく田舎暮らしのできる場所を希望しています。
インターネットで検索してみたところ、環境教育プロジェクトなどの教育もしている小学校のある
龍郷町が気になっております。
ほかにはおすすめの地区はありますか?
古くてもかまわないので、海のちかい家賃の安い一軒家を探せたらなと思っております。

とてもアバウトな内容ですみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

------------------> Masumiからの返事
エミ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
また、この度はコメントをありがとうございました。

さて、お尋ねの件ですが、私も龍郷町に住んでおり、大変いいところですが、
他のところも十分ご検討された上で決断された方がいいと思います。

そこで、実際にボランティアで実地視察にも付き合って下さる
「奄美のトラさん」こと、花井恒三さんをご紹介したいと思います。
http://www.neriyakanaya.jp/qa/index.html
〒894-0046
鹿児島県奄美市名瀬小宿183-6
鹿児島まちの駅
「奄美のトラさんの家」
TEL/FAX 0997-54-8856

花井さんは奄美市役所勤務時代から多くの方の移住をボランティアで支援してきているので、
気軽に相談できると思います。
メールは使わない方なので、上記に電話連絡するかFAXで
奄美滞在中の予定と気になる点を送ってみてださい。

不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2010.01.05
シマンチュ雑話 様より
応援のお言葉を頂きました!
ハンドルネーム = シマンチュ雑話
在住都道府県 = 鹿児島県
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

ホームページますます充実しているようで・・・特にIターンの方に は、心強いお味方です。
NET上で応援させていただきます。
私は、それしか出来ないので!

------------------> Masumiからの返事
シマンチュ雑話様
お問い合わせ回答: 

この度はコメントをありがとうございました。

島の方から応援頂くと、勇気がわきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

2009.12.28
まるちゃん 様より
移住のお知らせを頂きました!
ハンドルネーム = まるちゃん
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

3月22日にお便りしました「まるちゃん」です。
8月に1ヶ月名瀬に(教えていただいたかりゆしに)滞在しました。
そしてついに10月から瀬戸内町に移住しました!
夫婦で8月の滞在中に住まいと仕事を見つけまして、なんとか楽しく暮らしております。
お世話になりました。
これからも「ねりやかなや」応援しています!

------------------> Masumiからの返事
まるちゃん様
お問い合わせ回答: 

この度はコメントをありがとうございました。

滞在中に住まいとお仕事が決まって、本当によかったですね。
今度のお正月は島でお過ごしでしょうか。
内地とは勝手が違うことも多いので、最初のうちは戸惑うことも多いかもしれませんが、
「郷に従うべきことは郷に従う」
「わからないことは教えてもらう」でいけば
道も開けて、ますます楽しい生活になると思いますよ。

今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いいたします。

2009.12.28
ワイちゃん 様より
たんかん通販についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ワイちゃん
在住都道府県 = 静岡県
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

来年度2010年の「たんかん」はいつ頃から発送ですか?
注文受付が始まったらお知らせ下さい。
お待ちしています。
楽しみにしています。

------------------> Masumiからの返事
ワイちゃん様
お問い合わせ回答: 

この度はコメントをありがとうございました。

たんかんは来年1月中旬を目途に、また注文受付開始予定です。
次回も可能な限りおいしいところをリーズナブルな価格でお届けしたいと思っています。
是非、ご検討くださいませ。

2009.12.07
ぐっさん 様より
家賃の安い住宅の存在についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ぐっさん
在住都道府県 = 東京都
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

ハンドルネーム =
現在仕事をリタイヤしており、釣りが趣味なのでどこかの島で暮らしたいと考えております。
奄美大島には非常に安価な家賃で住める住居、または空き家を自分で改修して無料で住める住居等があると聞きましたが、本当でしょうか?
また、本当であれば、どのような手続きを踏めばよろしいのでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
ぐっさん様
お問い合わせ回答: 

この度はコメントをありがとうございました。

奄美大島には確かに家賃数千円の物件や勝手に改造できる貸家(=借主負担)はあります。
ただ、その状態は東京では想像できない、かなり傷みのひどい物件が多いです。
物件としては不動産屋は扱わず、島内の知人経由で(=不動産屋仲介ではない物件)が大半で、
契約書を交わさずに口頭契約だけで済ますので、後にトラブルになったりもします。

空き家を斡旋してくれている市町村もあるので、そこからアクセスを始められるのが無難だと思います。
他のルートについては、目下、地元の人々に確認中で回答にはしばらくお時間をください。

今後ともねりやかなやをよろしくお願い致します。

2009.12.03
清志 様より
移住検討についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 清志
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

はじめまして。

以前より奄美での移住・定住を夢見ていた中年男子です。
現在とある理由で無職になり、タクシー乗務員をしながら就職活動をしておりますが、
年齢的にも夢を叶えるには良い時期と視点を変え、奄美への移住を本気で考えております。

また妻も来年春に第一子を産む予定でして、新たな人生を奄美で家族一緒にスタートしたいと考えております。

ただ移住のノウハウが全くわからず、初歩的なレベルからご相談にのって頂きたく、メールいたしました。

まずは当然お仕事の件ですが私の職歴は約20年営業職をやっておりました。
また所有資格としては
・ホームヘルパー2級
・危険物乙種4類
・大型自動車1・2種免許
くらいです。
以上のような経歴でも奄美で生活できる可能性はありますでしょうか?
また就職相談に乗って頂き、具体的に就職先等のご紹介をして頂ける窓口はありますでしょうか?

住居の件は就職先が決まらないと、賃貸契約はやはり無理でしょうか?
本当に初歩的なご質問で恐縮ですが、少しでも明るい展望があれば早速奄美に一度伺い、
仕事探し~住居探しまで実行に移したく考えております。

何卒ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

------------------> Masumiからの返事
清志様
お問い合わせ回答: 

この度はコメントをありがとうございました。

さて、ご質問の件ですが、

まず、資格については、ご自身の経験や取得されている資格を生かす場所はあります。
他職種と比較すれば、奄美大島内のかなりの頻度で求人募集が出ていると思います。
こま目にハローワークをチェックされることをお勧めします。

就職窓口については、現時点ではハローワークが唯一の窓口になっていますが、
市町村によっては役場で相談できることもあると聞いています。
只今、国の直轄事業として奄美大島における具体的な支援体制を検討中ですが、
現在ねりやかなや http://www.neriyakanaya.jp で大募集中のアンケートに
より具体的にご要望を記載いただければ、行政等を含め実践的なご支援を検討できると思います。
また、その事業の一環として2月に移住希望者のための体験ツアーを企画中です。
実際にその場で問題を解決できる枠組みを準備中ですので、
ねりやかなやのホームページでも12月に公開予定のツアー詳細をご覧ください。

就業と賃貸契約については、確かにハローワークでは「島内に住居のない人の斡旋は困難」、
不動産会社でも「定職のない方への貸家斡旋は無理」、さらに物件によっては
「島内の保証人が必要」と言われる状況にあります。

ただ、これまでその壁を乗り越えていった経験者もいます。
* 主に農村地区や過疎地にある小規模住宅などを歩いて捜しまわり、不動産会社を仲介しない方法で住居を決めた

* 「島内に限定しない」保証人物件を探して、住居を決めた

* 保証制度を活用した
※上記事例は末広不動産(電話 0997-54-1237)でしたが、今現在の取り扱いについては直接お問い合わせください。

* 地元新聞を購読し、新聞広告の「急募」欄や企業のホームページを見て直接応募をして仕事を決め、 雇用主が住居の保証人となってもらえた

* 奄美の居酒屋や畑仕事中の人々などと雑談をしているうちに仕事も住居も紹介してもらえた

* 公営住宅を申し込み、住居を決めた
※県、市町村によって募集要項が異なります。12月に募集要項、物件等は公開予定です。

* 塩づくりや紬などの就業体験をしながら家を探した

ただ、上記の方々も含め、奄美に実際に足を運んで、顔を見せて折衝しないと、仕事・住居がともに決まるケースはほとんどありません。
電話やメールなどでは相手の様子がわからないため、島内では敬遠されます。
仕事も家も手に入れた人々の多くは、短期、中期で何度も奄美に滞在し、その人の熱意に周囲が動いたと聞いています。

中長期滞在であれば、キャンプ、マンスリー/ウィークリーマンション、ビジネスホテル/ユースホステル/旅館/ペンション、貸別荘/コテージなどを利用したようです。

以上、参考になればよいのですが。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2009.11.19
すーさん 様より
高校編入についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = すーさん
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

はじめまして、
来春に移住を希望していますが、長男が今高校2年生なんですが、
奄美大島の高校で3年生からの編入を受け入れてもらえますか?
何か情報がありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
すーさん様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご愛読いただき、またこの度はコメントをありがとうございました。

さて、ご質問の件ですが、奄美大島には現在、高校は職業系も含め5校あります。
編入は概ね大丈夫と聞いていますが、各校によって状況は異なり、
またお住まい予定の場所からの通学距離もありますので、
直接お問い合わせ頂いた方がいいと思います。

大島高校(奄美市名瀬)
0997-52-4451

奄美高校(奄美市名瀬)
0997-52-6121

大島工業高校(奄美市名瀬)
0997-52-4301

大島北高校(奄美市笠利町)
0997-63-0005

古仁屋高校(瀬戸内町)
0997-72-0034

今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

ページ