伊仙町ゲストハウス「あむとぅ」の滞在プログラムづくりが進行中

2014年11月、伊仙町検福(けんぷく)に誕生した空き家再生ゲストハウス『あむとぅ』は、
移住したい方に島の暮らしをイメージしてもらうための「お試し暮らしハウス」です。
ゲストハウスあむとぅゲストハウスあむとぅ
ゲストハウスを建てただけでは、人は来ない。どうすれば、人に来てもらえるのか。
ゲストハウスを運営するNPO法人いせん1・1から相談を受け、建築や地域づくりを専門とする大学に打診を試みました。
すぐに関心を持ってくれたのが芝浦工業大学(東京都江東区)建築工学科の佐藤宏亮ゼミ。
芝浦工業大学佐藤宏亮研究室WEBサイトはコチラ
http://www.kk.shibaura-it.ac.jp/sato-lab/

5月にリーダー学生が伊仙町に来訪し、NPOや地元キーパーソンにヒアリング。
島暮らしを体験してもらうため、ゲストハウス宿泊者向けの体験プログラムづくりをスタートさせました。
夜遅くまで語らう夜遅くまで語らう
6月には5名の中心メンバーが来島し、地元の方に島のことを教えてもらいながら、宿泊者向けの島暮らし体験プログラムの素材を集め、
9月に再訪し、机上で作った島暮らし体験プログラムが実際実施できるのか、地元の方たちと相談。
そして最終回となる今回は、5カ月間練ってきた島暮らし体験プログラムの試行です。
もてなしの心が強い島んちゅ。
値段設定が一番の難関。
すべて原価で消えてしまうのではないかというほどの内容です。

前祝い付き闘牛大会
闘牛大会闘牛大会
出場する牛の飼い主宅でお祝い
前祝い前祝い
地野菜でつくる郷土料理体験
郷土料理体験郷土料理体験
地域密着「清瀬商店」による鶏飯やBBQデリバリー
BBQのデリバリーBBQのデリバリー
農業体験
苗づくりの準備苗づくりの準備
島唄体験
検福集落の歴史や道徳、恋愛などの話題を島唄の紹介とともに分かりやすく解説してくれる泉さんは、まさに島唄の漫談師。
談風の解説付き島唄談風の解説付き島唄
詳しくはコチラ
https://www.facebook.com/amutoproject/

最終日は、今年10月に体験施設として生まれ変わった「上検福集会所」で、送別会が行われました。
六調(ろくちょう)六調(ろくちょう)
その席で、「地域おこし隊」を結成しないか?との投げかけもあり、これから来訪者を受け入れる体制が徐々にできあがっていきそうです。

学生たちは、今回体験した結果を持ち帰って、地元の方が無理なく長続きする「島暮らし体験プログラム」をとりまとめる予定です。

都会で生まれ育ちで、どうやって地域の人に話しかければよいかわからず、ふさぎ込んだ学生もいましたが、
地域のみなさまに助けられ、笑顔がどんどん増えていきました。
人とのコミュニケーション力も著しく成長しました。
この場を借りてお礼申し上げます。

今回のプロジェクトがなければ、「徳之島」を知らずに人生を過ごしていた学生たち。
これからは、島外サポーターとして強い味方になってくれるはずです!

そしてなんと、ゲストハウス「あむとぅ」にエアコンとテレビが設置されました!
徳之島に来訪の際は、是非、あむとぅへ。
http://guesthouseamuto.web.fc2.com/

*『六調』とは、奄美で宴会の終盤に全身で表現する歌と踊りの呼称。速いテンポでみなが自由に踊る。
*『あむとぅ』とは、集落の発祥に関わる聖地のこと。