『奄美群島 市町村+Masumiだより』では、市町村とねりやかなやが発信する移住支援情報をご紹介しています。

2/13~2/15のモニターツアー、明日が募集締め切りです

モニター協力の謝礼20,000円付きの奄美大島移住促進のための

モニターツアーは明日が募集の締め切りになります。

詳細はこちら http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/tour.html

検討中の皆さまは、是非、早めにご連絡を。

モニターツアーの参加者、大筋決まる

2/13~15までのモニターツアーに参加される方々のご紹介です。

参加される方は

滋賀県から50代のカップル

兵庫県から30代のご家族

同じく兵庫県から50代の女性

東京都から30代の女性

静岡県から30代のご家族

千葉県から20代の男性

茨城県から40代の男性  です。

みなさん、移住に向けてかなり真剣です。

移住者たち、役場職員などと大いに語っていただき、

日ごろの不安や疑問を解決し、

奄美大島のいいところ、そうでないところを

しっかり見て頂けるようにがんばりたいと思います。

ちなみに、今日がツアーの団体チケット取扱での申込最終受付日となるので、

まだ検討中の方がいたら是非、奄美エーストラベルに早急にご連絡を!

E-MAIL info@amami-ace.com
TEL 0997-52-3373

モニターツアーの詳細はこちら↓まで

モニターツアーの一部をご紹介~移住者宅

2/13~2/15のモニターツアーは、奄美大島に点在する移住者になるべく多く会ってもらおうと思っています。

今日は、初日のハイライト、奄美大島北部に移住してきたHさん宅訪問をちょっとだけご紹介。

Hさんファミリーは3年前の2月に静岡県の西伊豆から移住したご家族です。

旦那様は東京生まれ/育ちのカヤックガイド、奥様は神奈川生まれ/育ちの薬剤師、小学1年生のお嬢さんと保育所に通う息子さんの4人家族。

コンテナー1個に詰めるだけの家財を送り、後は1匹のわんこと、コンテナーに載せれなかった残った家財を載せるだけ載せた車とともにフェリーで移住してきました。

Hさんご家族の詳しいプロフィールはhttp://www.neriyakanaya.jp/profile01.html

今日は、Hさんのお住まいをチラ見せです。

お住まいは地元民も移住者も驚く、よく言えば「古民家」。

外から見た、Hさん宅。

奄美のトラさん、大活躍

2010年2月に移住が決定したOさんファミリーを案内した奄美のトラさんこと、ボランティアガイドの花井恒三さんの活躍ぶりは・・・

**********トラさんにガイド模様を語ってもらいました*************

”ねりやかなや”のお問い合わせメール http://www.neriyakanaya.jp/contact.html に神奈川県のOさんからメールが入り、”ねりやかなや”から奄美のトラさんへFAXが入りました。

次に、”ねりやかなや”はOさんに奄美のトラさんのTEL/FAXを教え、直接交信を促します。そこで、Oさんと奄美のトラさんの直接交信が始まりました。まだるっこいようですが、奄美のトラさんはパソコンを持たず、メール交信能力ゼロのため、このような手順を踏むのです。

いよいよ、Oさん家族が奄美入りする2010年1月×日(土曜b)、奄美空港でOさん家族の到着を待ち、レンタカーで案内が始まりました。奄美のトラさんは車の免許を持たないため、移住希望者のレンタカーに同乗するか、バイクで先導するかの方法しかないのです。

案内場所はあらかじめ調べてある、

1)市町村の公営住宅の空き家の周辺、

嬉しいお知らせがありました!

1月中旬に下見に来られたOファミリー、2月に移住決定です。

1月に↓のようなお問い合わせがありました。

------------------
在住都道府県 = 神奈川県
ご年齢 = 31~35歳

奄美大島への移住を考えているものです。
家族は主人、私、子供3人です。
1月中旬に奄美大島をおとずれ住まいを探したいと思っております。
奄美大島にはに知り合いもいないので訪れる前にだいたいの住む場所(地域)の情報や相談できる方を紹介していただけたらと思いましてメールさせていただきました。

都会的なくらしのできる場所ではなく、田舎暮らしのできる場所を希望しています。古くてもかまわないので海のちかい家賃の安い一軒家を探せたらなと思っております。
-------------------

そこで、ボランティアガイドの「奄美のトラさん」こと、花井恒三さんを紹介させて頂きました。花井さんがOファミリー滞在中にアテンドされた後、こんな嬉しいメールが届きました。

------------------
こんにちは
実際奄美大島に行き、花井さんにはとてもお世話になりました。
赤の他人にボランティアであそこまでしていただけて、とてもびっくりしたのと同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

モニターツアー、まだ間に合います!

2/13の土曜日から2/15月曜日までの二泊三日の

「奄美大島移住促進のためのモニターツアー」

http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/tour.html  で

残念なことにキャンセルが発生してしまいました。

東京発で78000円のツアー代金ですが、

国土交通省直轄事業の社会実験として

モニター協力の謝礼金20000円がペイバックされるという

大変お得なツアーです。

さらに、ツアー申込受付である奄美エーストラベルのご協力で

マイレージ/株主優待券使用可でもあります。

また、ツアーのガイドを引き受ける「たま」さんも

「可能な限り参加者のみなさんの希望に添えるようにしたい」と

臨機応変な対応を前提にしています。

ということで、まだ考え中の方々や、JALの個人株主の方々、

申込はまだ間に合います。是非、ご一考くださいませ。

フリープラン

2/13~2/15のモニターツアーに参加できない方のために、
2/1~28までの間、移住関連プログラムを用意いたしました。

<プログラム>
1. 市町村から話が聞きたい
2. ハローワークから話が聞きたい
3. 奄美大島の企業から話が聞きたい
4. 「奄美シマ博覧会」に参加したい
5. 地元FM放送局に出演したい
6. 農業体験がしたい/農業に従事している移住者と話がしたい
7. いろんな体験がしたい
8. 移住者たちと話がしたい/移住者宅を訪問したい/集落散策がしたい
9. 他にもいろいろ要望があるのだけど・・・

詳しくは↓
http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/freeplan.html

下記4つは、この期間だけの特別プログラムです。

2. ハローワークから話が聞きたい
ハローワーク名瀬(名瀬公共職業安定所)の職員から、徳之島を除く奄美群島の雇用状況について説明が受けることができます。
所要時間は30分程度です。

3. 奄美大島の企業から話が聞きたい

フリーで来るなら

2月に奄美に来るなら、こんなお勧めプランもあります。

2010年1月5日から3月5日までの56日間、JALの東京~奄美、
大阪(伊丹)~奄美便にお得な「特便割引7」が登場しました。
これに合わせて、島ではさらに特典をつけて、皆さまに
奄美大島を楽しんでいただくことにしました。

ほうらしゃ奄美キャンペーン
主催:奄美群島空港路線利用促進協議会

3つの特典があります。

その1
奄美の特産品5000円相当プレゼント

その2
5000円相当の宿泊クーポンをプレゼント

その3
奄美メッセンジャーセットをプレゼント

さらに、奄美空港限定の「シマ弁」も期間中に楽しめますよ。

詳しくはこちら↓

http://www.city.amami.lg.jp/amami05/update/upload/hourasha/hourashaamami.pdf

お問い合わせは

奄美市紬観光課

島暮らしいろいろ

たまです。
私のブログでも島に暮らしているIターンの方々の暮らしぶりをご紹介しています。

加計呂麻島の素敵なパン屋さん
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/diary/200912240000/

究極の島暮らし
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/diary/200912280000/

うみうさぎが結んだ縁
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/diary/201001030000/

奄美Iターン者6組の手づくり品の展示販売~空港てづくり市開催中~

奄美TV 12/11オンエア

新年、明けましておめでとうございます。

今年も奄美大島/群島への移住支援、頑張っていきたいと存じますので

皆さま、よろしくお願い申し上げます。

さて、大変遅くなってしまいましたが…、

12月に「かんもーれ あまみ」のWEBサイト立ち上げと

2/13~2/15の移住促進のためのモニターツアー募集開始の

お知らせを奄美TVさんに放映頂いた番組です。

フリープランも開始です

2/13~15までの移住促進のためのモニターツアーについては
既にお知らせ致しましたが、フリーで来られる方々のために
フリープランも用意いたしました。

2010年2月1日~28日までに奄美大島に滞在される方が対象で、
普段の観光メニューにはない、移住検討の方々には
必見のメニューです。

詳しくは
http://www.neriyakanaya.jp/emigration/immigration/freeplan.html

往復のチケット、滞在の諸手配は各人になるので、
JALのマイレージやおともdeマイルをお使いになりたい方や
マリンスポーツなどレジャーも楽しみたい方々にお勧めです。

モニターツアーの内容

[caption id="attachment_70" align="alignleft" width="420" caption="doren1"]doren1[/caption]

たまです。
先日モニターツアーの下見で、2日目にうかがう予定の加計呂麻島、
渡連(どれん)集落に行ってきました。
古仁屋(こにや)から、船で約25分。
船から一歩降りると、奄美本島よりさらにゆっくり流れる時間と、空気のおいしさ、
そして、目に入る景色の美しさにに思わず顔がゆるみます。

モニターツアーの現地ガイド

はじめまして。
モニターツアーの現地ガイドのたまです。
私は、13年前に奄美大島に移住して、島の旅行会社に約10年勤めた後、
現在フリーでガイドやツアーやイベントの企画運営などをやっています。
短い日数ではありますが、いらっしゃる皆様に、島を感じていただきたいと思っています。
これから、モニターツアーの内容についてのお知らせなど書かせていただく予定です。

私のやっていることの一部は、こちらから 
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/

どうぞよろしくお願いします。

モニターツアー、残り7名様です!

2/13~2/15の移住促進のためのモニターツアー、

既に4組、合計7名様から申込をいただきました。

先着14名様が募集人員なので、ご検討中の方は

ぜひお早めに申込くださいね。

フリープラン、企画中

まずはモニターツアーでの補足です。
JALマイレージを行使しても、ツアーに参加できることになりました。

奄美エーストラベルが飛行機チケット以外の奄美大島滞在の宿泊等を
手配します。
マイレージ保有者でモニターツアーを検討されていた方は
ぜひ、奄美エーストラベルにご連絡を。
株式会社奄美エーストラベル
Email: info@amami-ace.com
TEL 0997-52-3373

そして、モニターツアーとは別に、2010/2/1~2/28の間、
フリーで来島される方々には、以下のプログラムを検討中です。

<プログラム内容>
1. 市町村から話が聞きたい
2. ハローワークから話が聞きたい
3. 奄美大島の企業から話が聞きたい
4. 「奄美シマ博覧会」に参加したい
5. 地元FM放送局に出演したい
6. 農業体験がしたい/農業に従事している移住者と話がしたい
7. いろんな体験がしたい
8. 移住者たちと話がしたい/移住者宅を訪問したい/集落散策がしたい
9. 他にもいろいろ要望があるのだけど・・・

他にもリクエストがあれば、今がチャンスです。
↓のアンケートにご回答いただくか、

12/10放送 ディ!ウェイブ

今回は12/10放送の「夕方フレンド」に出演しました。30分の放送です。

奄美のトラさんこと、IUO支援協議会座長の花井恒三さんと一緒です。

アップロードまでの段階ですこぶる手間取り、ブログでの公開が遅れてしまいました。

あまみエフエムのM井さん、早々に音源をいただいたのにすみません。

さて、お話の中身は

「かんもーれ あまみ」http://www.neriyakanaya.jp/emigration/ のサイトオープンと

2/13~15に実施する移住促進プログラムのモニターツアーのご案内です。

放送は26分なのですが、10分単位でしかアップロードできないので

読者の皆さまんは不便ですが3ファイルです。

ホームページ、立ち上がりました!

平成21年度の国土交通省の奄美群島における

IUターン移住支援の在り方を検証する社会実験として

モニターツアーの実施(2010/2/13~2/15。募集中)とともに

ホームページの開設があります。

そのホームページが、今日、立ち上がりました。

ホームページは、

かんもーれ あまみ 奄美群島移住支援サイト です!!

地域情報や住まい、仕事などの情報提供に加えて

移住希望者のみなさんの疑問などを解決することも

目的にしています。

今までバラバラだった市町村やハローワークなどの

公的情報、民間情報を移住希望者の皆さまのニーズに合わせて

統合し整理しました。

奄美大島移住促進 モニターツアー募集開始です!

募集を開始しました。

参加希望の方が休暇をなるべく取らなくて済むように

日程は 2010年2月13日(土曜日)~2月15日(月曜日)の
二泊三日で、

東京羽田空港を利用した場合で、
飛行機代金、宿泊代、食事代、現地移動代、交流会費等を
含む旅行代金は、

おひとり78,000円

ですが、

モニターとしてインタビュー、アンケートへのご協力を
お願いするので、謝礼として

おひとり20,000円  をお支払いします。

主な旅程は、
奄美大島の北部(奄美市笠利)で集落散策、移住者宅訪問、
奄美大島の南部(瀬戸内町、宇検村)で移住者と交流会、
奄美市名瀬でも移住者と交流会、
さらに、ハローワークから雇用状況を聞きます。
市町村の役場も訪問予定です。

詳しいことは、
http://www.amami-ace.com/iuo/iuo_panf.pdf

お申込み、問い合わせは、
株式会社 奄美エーストラベルまで。

TEL 0997-52-3773
e-mail info@amami-ace.com

モニターツアーの日程

来年の2月13日土曜日~15日月曜日がツアー日程になります。

是非、カレンダーをチェックして、奄美大島入りをご検討ください。

緊急告知!奄美大島で移住体験モニターツアー!

奄美大島への移住を検討中の皆様へ

移住促進プログラムのモニターツアーを実施します。

日程:2010/2/13土曜日~2/15月曜日

平成21年度の国土交通省の奄美群島における

IUターン移住支援の在り方を検証する社会実験として

ホームページの開設とともに

モニターツアーも実施することにりました。

ホームページは、

かんもーれ あまみ 奄美群島移住支援サイト

http://www.neriyakanaya.jp/emigration/  です。

移住促進プログラムのモニターツアーの特典

♡"移住者から"話が聞けます
♡"ハローワークから"雇用状況の話が聞けます
♡"市町村行政の職員から"話が聞けます
♡"奄美大島全体"を回れます

飛行機代、宿泊代、現地移動代を含む旅行代金は
東京羽田空港~奄美大島往復で

コンテンツ配信