奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

2020.08.18
まんそん 様より
暮らし体験について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = まんそん
在住都道府県 = 愛知県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

初めまして。
愛知県在住の5歳の息子を持つシングルマザーです。
昨年と一昨年、奄美大島本土と加計呂麻島を訪れて、私も息子も奄美大島をとても気に入っています。
以前、どなたかの記事で奄美大島に1ヶ月移住体験をしたというのを見たことがあります。
それを思い出して検索したところ、こちらの移住暮らし体験のページに辿り着きました。

プランなどいろいろなページを拝見致しましたが、あまりにもいろいろな物があるので
どのように決めれば良いのかがわからなくなってしまったので、こちらから問い合わせをさせて頂きました。

まずお伺いしたいのは、息子と2人で移住体験をしたい場合、
期間や日数、開始日は自分たちで好きなように決められるのか(1週間、10日、1ヶ月、2か月など)。
そして例えば1ヶ月などの長期の場合、保育園(または小学校)にその間通うことができるのか。
滞在先はどのように探してどんな所に住むのかが知りたいです。

数日間や体験ツアーのみでは、正直移住を実感するのは難しいと感じています。
少なくとも現地の方々と同じように生活をしてみる必要があるのではないかと感じていますので、
その辺りをご教授頂けますと幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
まんそん様
お問い合わせ回答: 

はじめまして、奄美群島広域事務組合の泰良と申します。
この度は、奄美大島にご興味をお持ち頂き、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、

・長期滞在・留学について

1.期間や日数、開始日は自分たちで好きなように決められるのか
(1週間、10日、1ヶ月、2か月など)
2.1ヶ月などの長期の場合、保育園(または小学校)にその間通うことができるのか

 開始日や期間につきましては、留学支援制度を利用した場合、
開始日・期間が指定されている場合がございます。
 留学制度を利用せず、行政や学校長と交渉し、体験移住中に学校へ通うことも可能で、
その場合は開始日・期間の希望を伝えることが出来ます。

3.滞在先はどのように探してどんな所に住むのか

 長期滞在用の住まいに関しては、ご自身でウィークリーマンションを
探していただく必要がございますが、移住体験先の市町村によっては、
移住者促進住宅や空き家バンクへの登録物件などがございますので、
各行政担当へご相談ください。
 
 サイト「ねりやかなや」にも住まいの情報がございます、ご確認ください。
 https://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html

・一例として、留学支援を記載いたします。

西阿室小学校 留学支援
https://kakeroma-school.sakura.ne.jp/nishiamuro/entrance.html

宇検村 親子山村留学(応募停止中)
http://e-amuro.jpn.org/index.html

瀬戸内町 (応募停止中)
 移住体験住宅
 http://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/ijyutaiken.html

 にほんの里加計呂麻留学
 http://www.town.setouchi.lg.jp/k-soumu/kan/iju/jutaku/ryugaku/ryugaku.html

※新型コロナウイルス感染症の影響により、応募を停止している支援がほとんどです。
 本年度は、電話での相談や情報収集に時間を宛て、
気に入った市町村を見つけてみてはいかがでしょうか。

移住に関しては、まんそん様の仰る通り、実際に体験してみなければ
分からないことが多いと聞いております。
南の離島に対する理想と現実のギャップに苦しみ、
移住しても短期間で帰ってしまわれる方も居られます。

島での生活体験は、移住を考えるうえでとても良い判断材料になると思います。

※サイト「ねりやかなや」にて、奄美大島5市町村の移住担当者と
オンラインでの相談が出来るプログラムを計画中です。
 9月11日開催予定で、詳細については来週までに「ねりやかなや」に掲載予定です。
 各市町村と相談できる良い機会ですので、是非ご一考ください。

以上です。
また何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。