奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

2020.10.07
たけうち 様より
仕事に関するお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = たけうち
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

初めまして。
前職はエンターテイメント業界で35年間仕事してきました。
若い時に定年後南の島で余生を考えていましたが
コロナで人生観が変わり、現実的に考えるようになり
メールさせて頂きました。
現在61歳ですが、健康です。
出来れば前職の経験スキルを活かし、観光課、PR、広報などの仕事が
出来れば自分を活かして貰えるので良いなと思うのですが
都合よくタイミングが合うと思っていませんので
まずは移住ありきで仕事を探して
エリアの信頼人脈を得てタイミングを待ちつつ
広報、町興しの仕事が出来れば良いなと考えています。
まずは仕事が見つかれば即移住を考えています。
ご相談に乗って頂ければ有り難いたと思い、連絡しました。
宜しくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
たけうち様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

コロナ禍で状況が大きく変わられた方は多いかと思います。
早く収束するといいのですが・・・。

お問い合わせの件ですが、せっかくのキャリアを有効に使える求人が
島にあるかというと、正直、厳しい気がします。
ハローワークの求人は、医療、介護、建設、小売の仕事が多く、
PR系の仕事は個人で請け負っている方が多い気がします。
ハローワークの求人内容は↓を参考にされてください。
https://www.neriyakanaya.jp/living/index.html

島の求人サイト「しーま」が、現在、オンライン相談会を実施しているので
そこで相談されるのもひとつかもしれません。
https://www.neriyakanaya.jp/blog/node/3188
行政の仕事に関しては、行政の移住担当者が同じくオンライン相談会を
行っているので、そこで直接聞いてみられてはいかがでしょうか?
https://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2020/oshima/online.html

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いいたします。