奄美大島への移住支援サイト ねりやかなや

「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、
「海のかなたの楽園」の意味です。

お問合せ サイトマップ
ねりやかなや公式facebookページ

島外から与論島への主なルート

与論島へは、那覇を経由して飛行機またはフェリーを利用するか、鹿児島を経由して飛行機を利用するのが一般的です。

飛行機はJALグループのRAC(琉球エアコミューター)JAC(日本エアコミューター)が運航しています。フェリーはマルエーフェリー A’Lineまたはマリックスラインが沖縄本島~鹿児島間を運航しています。

与論島 飛行機を利用する場合

※図以外にも、ルートはあります。他のルートは飛行機を利用するフェリーを利用するをご覧ください。

<とにかく安く行くには>

那覇、奄美大島から与論島までフェリーでの移動が最安値になります。フェリー料金は年間を通じて同じです。那覇、奄美大島、鹿児島から飛行機も利用できますが、フェリーの方が安いです。経由地空港までの移動は、飛行機を利用するをご覧ください。各空港とも格安航空も運航しています。料金の変動幅が激しいので、来島日程に合わせて経由空港を検討ください。

与論島 とにかく安く

(A)沖縄からフェリーを利用(那覇から約6,000円~、那覇で1泊)
① 各地から那覇空港まで移動
② 那覇空港から那覇市街地に移動(那覇空港から旭橋駅まで260円)
③ 那覇に1泊(格安宿で1,500円~)
④ 翌朝に那覇港に移動し、那覇港から7:00に出航するフェリーを利用(那覇~与論の2等料金で2,980円、約5時間)
与論島から那覇に行く場合は、19:00に那覇港に到着します。夜遅い那覇発の便であれば、その日のうちに目的地に着くことが出来ます。

(B)奄美大島からはフェリーを利用(奄美空港から約8,000円~、奄美大島で1泊)
① 奄美大島までバニラエア(成田・関空)かスカイマーク(羽田・中部・神戸・鹿児島)で移動
※関空からバニラエア搭乗の場合に限り、奄美空港から与論島まで当日乗換で飛行機を利用できます(奄美空港から9,700円~、約45分)。
② 奄美空港から名瀬市街地へ移動(バス利用で1,100円、約1時間)
③ 名瀬で1泊(格安宿で1,500円~)
④ 翌早朝5:50に名瀬港から出航するフェリーを利用(名瀬~与論の2等料金で5,420円、約8時間)
与論島から奄美大島に移動して島外に行く場合も、名瀬で1泊となります。

(C)沖縄から飛行機を利用(那覇から8,700円~、45分)
① 各地から那覇空港まで移動
※13:00ぐらいまでに那覇に到着しないと、当日乗換は出来ません。
② 那覇空港からRACを利用(先得で8,700円~、約40分)
RACの料金は先得で試算しています。直前の予約や繁忙期は料金が高くなります。

<とにかく早く行くには>

飛行機で那覇か鹿児島を経由し、飛行機で与論島に移動するのが一般的です
那覇~与論島はRAC(琉球エアコミューター)、鹿児島~与論島はJAC(日本エアコミューター)が運航しています(どちらも1往復/日)。
那覇に13:00前、鹿児島に10:30頃までに到着すれば当日乗継できます。
JAC/RACの料金は先得で試算しています。JAL、格安航空ともに、直前の予約や繁忙期は料金が高くなります。

与論島早く行くには 鹿児島経由

那覇空港に就航している航空会社はこちら
鹿児島空港に就航している航空会社はこちら
奄美大島への行き方はこちら

首都圏から


♦JALか格安航空を利用して那覇を経由し、那覇からRACに乗り継ぐ(JALで羽田から5時間15分、約2.8万円~)または

♦ JALか格安航空を利用して鹿児島を経由し、鹿児島からJACに乗り継ぐ(JALで羽田から5時間、約2.5万円~)

関西から

関空からバニラエアを利用して奄美大島を経由し、奄美大島からJACに乗り継ぐ(約4時間、約1.5万円~) または

伊丹からJALを利用して奄美大島を経由して、奄美大島からJACに乗り継ぐ(約4.5時間、約1.7万円~) または

♦JALか格安航空を利用して鹿児島を経由し、鹿児島からJACに乗り継ぐ(JALで3時間40分、約2.4万円~)または

♦JALか格安航空を利用して那覇を経由し、那覇からRACに乗り継ぐ(JALで約5時間、約2.5万円~)

飛行機を利用する

鹿児島、那覇、奄美大島のずれかの空港を経由します。
鹿児島~与論島、奄美大島~与論島はJAC(日本エアコミューター)、那覇~与論島はRAC(琉球エアコミューター)が運航しています。各航路とも1往復/日です。

与論島 飛行機で行くルート
※JAC/RACの料金は先得で表示しています。直前の予約や繁忙期は料金が高くなります。

関空を利用する場合は奄美大島経由が料金、移動時間ともお勧めです。その他の空港から出発する場合は、那覇か鹿児島経由します。那覇で乗り継ぐ場合が多いですが、搭乗日が決まったら出発地からRAC/JACまでの料金、乗継接続状況を比べてみてください。




那覇を経由する

那覇~与論島はRAC(琉球エアコミューター)が運航しています。1往復/日です。
13:00頃までに那覇に到着する便で、当日乗継が可能です。

那覇空港に就航している航空会社はこちら
※運航ダイヤは変更することがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
RAC時刻表(那覇~与論島)

飛行機で沖縄経由与論島へ行く場合 那覇乗り入れ会社

鹿児島を経由する

鹿児島からはJAC(日本エアコミューター)を利用します(約1時間20分、1往復/日)。 10:30頃までに鹿児島に到着する便で、当日乗継が可能です。 格安航空も含めて下記の空港と航空会社が、鹿児島経由で利用できます。JALグループ以外を利用する場合は、乗継時間にご注意ください。

飛行機鹿児島経由与論島へ行く場合 那覇乗り入れ会社

※運航ダイヤは変更することがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
JAC時刻表(鹿児島~与論島)




奄美大島を経由する

奄美大島からはJAC(日本エアコミューター)を利用します(約45分、1往復/日)。
奄美大島まではJALグループ、バニラエア、スカイマークが利用できますが、ほとんどの便が当日乗継ができません。移動時間、料金で経由メリットが高いのは関空発のバニラエアと伊丹発のJAL便利用のみとなります。
奄美大島へのアクセスはこちら

奄美大島経由与論

※運航ダイヤは変更することがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
JAC時刻表(奄美大島~与論島)

フェリーを利用する

フェリーを利用する場合は、鹿児島新港~沖縄本島をつなぐ鹿児島航路を利用します。与論島の与論港に寄港し、上り、下りとも毎日1便運航しています。所要時間は沖縄港から与論島まで約5時間、鹿児島新港からは約20時間です。
マルエーフェリー A’Lineマリックスラインが一日交替で運航しています。

与論島への海路ルート

※金額は普通2等片道の料金(2018/11/1~2019/1/31)。
与論島フェリー

フェリーは島民の足となっていますが、悪天候時に抜港(島に寄港しない)や港変更があります。与論島の場合は、港が外洋に面しているため抜港になることが多いです。今後の寄港地の抜港、港変更の可能性があることを条件付運航と言いますが、条件付運航となっているフェリーを利用する場合はご注意ください。与論島で下船できず、奄美大島や沖縄本島まで行ってしまうこともあります。

<悪天候等でのスケジュール変更、寄港地変更の確認先>
港変更、抜港は出港の2時間前に決定します。マルエーフェリーA’Line、マリックスラインのトップページに運行状況が表示されています。
今後の寄港地の抜港、港変更の可能性があることを条件付運航と言います。条件付運航となっているフェリーを利用する場合は、乗船・下船港のフェリー代理店に直接、電話で確認することをお勧めします。その日に運航するフェリー会社によって連絡先が異なりますので、ご注意ください。

マルエーフェリーの与論島代理店(与論港):0997-97-3251(有村運送店)
マリックスラインの与論島代理店(与論港):0997-97-3151(龍野運送店)

その他、フェリーは飛行機と違う点が、いくつかあります。

  1. フェリー代を大きく抑えるディスカウントチケットはありません。島の人の多くは2等(最低料金)で移動しています。
  2. 予約なしでも乗船できますが、3月末の転勤時期やお盆時期は予約したほうが無難です。
  3. クレジットカードは、奄美群島内の窓口では利用出来ません。
  4. 予約の有無にかかわらず、出港時間の30分前までに港の窓口で乗船受付の手続きが必要です。
  5. 入出港時間は目安であって、正確ではありません。悪天候以外に、引越シーズン、農作物の出荷時期など荷卸しが多い時期などは遅延することが多いです。
  6. 台風、高波など悪天候時は、飛行機よりも早く長く欠航することが多いです。
  7. 全ての荷物を乗船者本人が、待合所から船室まで階段で運びます。ポーターサービスもありますが、有料です。

鹿児島航路時刻表

※入出港時間が変更になることがあります。詳しくは、マルエーフェリーA'Lineまでお確かめください。
那覇港発(上り)

時刻表 那覇港発(上り)
鹿児島発(下り)

鹿児島発(下り))
鹿児島航路の時刻表は、奄美大島のフェリーを利用するをご覧ください。

与論島の宿泊施設情報 Powered by NPO NERIYAKANAYA Residence

※このページは、特定非営利活動法人ねりやかなやレジデンス(NPO-NR)が運営しています。

与論島は、真っ白なビーチとサンゴ礁に囲まれた周囲約23kmの可愛い島です。島の雰囲気がよく分かる、暮らすように滞在するなど、与論島のお勧めの宿をご紹介します。

※ねりやかなやレジデンスでは予約等の斡旋は行いませんので、ご予約やお問い合わせは、直接、各施設にご連絡ください。

古里
民宿 楽園荘

中途半端な関西弁を話す、生まれも育ちも与論島のひでゆき楽園長、島根からのゲストが嫁になったあさみ社長、ひでゆきママのおかみが、与論島での楽しい滞在をサポートします。

お問い合わせ・申込
〒891-9307 鹿児島県大島郡与論町古里1279
担当:本園
TEL:0997-97-3574
URL:http://www.rakuensou.com/
与論島ペンションパラダイス楽園荘
茶花
ホテルヨロン島ビレッジ

ホテルのサービスと民宿の温かさとを併せ持った宿。ゆったりしたホテルの部屋からはコバルトブルーの海が望めます。旬の食材たっぷりの食事もお楽しみください。

お問い合わせ・申込
〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花2904-6
担当:内野
TEL:0997-97-4601
Mail:ytara@d3.dion.ne.jp
URL:https://yorontouvillage.jp/index.html
ホテルヨロン島ビレッジ
那間
ぱる舎(やどぅい)

気さくなご夫妻が運営する、女子旅応援の素泊まり宿。 風呂は家族と共同、黒糖おみやげづくり体験や島内のパワースポット案内なども御相談ください。

お問い合わせ・申込
〒891-9101 鹿児島県大島郡与論町那間2836-6
担当:石峯
Mail:yasuo-paruyadui@yahoo.co.jp
ぱる舎(やどぅい)

PAGE TOP