島外から与論島への主なルート

与論島へは、那覇を経由して飛行機またはフェリーを利用するか、鹿児島を経由して飛行機を利用するのが一般的です。

飛行機はJALグループのRAC(琉球エアコミューター)JAC(日本エアコミューター)が運航しています。フェリーはマルエーフェリー A’Lineまたはマリックスラインが沖縄本島~鹿児島間を運航しています。

新型コロナウイルス感染症の影響で、減便等を実施する可能性があります。ご利用の際は、各社のホームページ等で運行状況をお確かめください。

JAL
peach
スカイマーク

与論島 飛行機を利用する場合

※図以外にも、ルートはあります。他のルートは飛行機を利用するフェリーを利用するをご覧ください。

<とにかく安く行くには>

※GOTOトラベル以外にも、航空会社・フェリー各社がお得なプランを提示することがあります。 来島計画の際には、各社のホームページ等をご確認ください。

格安航空で那覇に移動、那覇で1泊、翌朝フェリーで与論島に向かうのが、最安値になります(約1.2万円~)。
飛行機は那覇から与論島まで利用できますが(JAL先得利用で羽田から約2.4万円~)、鹿児島を経由する方が安いです(JAL先得利用で羽田から約2.1万円~)。
フェリーについては、フェリーを利用するをご覧ください。

与論島 とにかく安く

那覇を経由しない場合は、奄美大島か鹿児島まで飛行機で移動し、その後はフェリーを利用します。
奄美大島の場合は、スカイマーク(羽田/中部/神戸)かピーチ(成田/関空)で奄美大島まで移動し、奄美大島で1泊、翌朝フェリーを利用します(首都圏から約1.3万円~)。

鹿児島の場合は、鹿児島まで格安航空で移動し、鹿児島からはJACを利用します(首都圏から約2.1万円~)。鹿児島空港で当日乗換が出来ない場合は、フェリーを利用します。

経由地を奄美大島か鹿児島にする場合で大きく異なることなる点

  • フェリーの移動時間(鹿児島から約20時間、奄美大島から約8時間)
  • 船中泊か(鹿児島の場合)、格安宿泊か(奄美大島の場合)
  • フェリー乗船時間(名瀬は明け方)
  • 経由地までの飛行機運賃(奄美大島発着便は格安料金もありますが、トップシーズン等ではかなり高い料金になります)

<とにかく早く行くには>

飛行機で那覇を経由し、飛行機で与論島に移動するのが一般的ですが(羽田から約5時間)、鹿児島を経由する方が若干早いです(約4.5時間)。 JALで鹿児島か那覇を経由してJAC/RACに乗り継ぐのが最短になります。
鹿児島経由の場合、羽田、成田、富士山静岡、セントレア、中部、伊丹、関空、神戸、松山、福岡、那覇からの出発となります。乗継時間を入れて最短となるのは羽田/伊丹発のJAL便です。格安航空も鹿児島に離発着しますが、10時半前に鹿児島空港に到着している必要があり、当日乗継できる便は少ないです。
那覇経由の場合は、那覇空港に昼頃に到着すればRACに乗り継ぎできます。

与論島早く行くには

飛行機を利用する

鹿児島、那覇、奄美大島のずれかの空港を経由し、JAC(日本エアコミューター)/RAC(琉球エアコミューター)に乗り換えます。
JAC/RACとも1日1往復で、那覇経由が一般的です。
※JAC/RACの料金は先得で表示しています。直前の予約や繁忙期は料金が高くなります。

与論島 飛行機で行くルート



那覇を経由する

那覇空港からはRACを利用します(約45分、1日1往復)。那覇に12:30頃までに到着すれば、当日乗継が可能です。

那覇空港に就航している航空会社はこちら
※運航ダイヤは変更されることがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
RAC時刻表(那覇~与論島)

JALで沖縄経由与論島へ行く場合時刻表

鹿児島を経由する

鹿児島からはJAC(日本エアコミューター)を利用します(約1.5時間、1往復/日)。
格安航空も含めて下記の空港と航空会社が鹿児島経由で利用できますが、当日乗継できる便は限られています。
鹿児島に10時半ごろに到着すれば当日乗継できますが、JALグループ以外を利用する場合は乗継時間にご注意ください。

飛行機鹿児島経由与論島へ行く場合

※運航ダイヤは変更されることがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
JAC時刻表(鹿児島~与論島)




奄美大島を経由する

奄美大島から与論島へはJACを利用します(約40分、1往復/日)。

奄美大島まではJALグループ、peach、スカイマークが運航していますが、ほとんどの便が当日乗継できません。

奄美大島経由与論

※運航ダイヤは変更されることがあります。事前に各航空会社HP等でお確かめ下さい。
JAC時刻表(奄美大島~与論島)

フェリーを利用する

フェリーを利用する場合は、鹿児島新港~沖縄本島をつなぐ鹿児島航路を利用します。与論島の与論港に寄港し、上り、下りとも毎日1便運航しています。所要時間は沖縄港から与論島まで約5時間、鹿児島新港からは約20時間です。
マルエーフェリー A’Lineマリックスラインが一日交替で運航しています。

与論島への海路ルート

※金額は普通2等片道の料金(~2021/3/31)
※美群島間割引、奄美・鹿児島交流割引、奄美・沖縄交流割引適用料金。11/15~3/31は、奄美群島間割引が適用拡大となり、名瀬~与論の間で800円(大人)の割引があります。 詳しくは各フェリー会社にお問い合わせください。
マルエーフェリー
マリックスライン
※燃料油価格変動調整金は含みません。10/1現在の燃料油価格変動調整金は、鹿児島~奄美群島間で0円(大人)、那覇~奄美群島間で0円(大人)。

与論島フェリー

フェリーを利用する場合は、那覇から乗船するのが一般的です。那覇に1泊し、翌早朝に出航するフェリーを利用します。

その他、フェリーは飛行機と違う点が、いくつかあります。

※新型コロナウィルス感染症防止のために、乗船港で乗船手続き前に検温があります。
「検温しない」、「検温結果が37.5度以上」、「息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある」「比較的軽い風邪の症状が続く」場合は乗船できません。

  1. 台風、高波など悪天候時は、飛行機よりも早く長く欠航することが多いです。台風、低気圧以外に、冬場も海が荒れることが多いので、抜港(島に寄港しない)、港変更にご注意ください。
  2. 悪天候時には、与論島は抜港になることが多いです。
  3. 入出港時間は目安であって、正確ではありません。悪天候以外に、引越シーズン、農作物の出荷時期など荷卸しが多い時期などは遅延することが多いです。
  4. 早割などの割引はありません。
  5. 予約の有無にかかわらず、出港時間の30分前までに港の窓口で乗船受付の手続きが必要です。乗船申込書を記入し、提出します。
  6. 全ての荷物を乗船者本人が、待合所から船室まで階段で運びます。ポーターサービスもありますが、有料です。
  7. クレジットカードは、受託手荷物などの支払いでは利用できません。
  8. 予約なしでも乗船できますが、3月末の転勤時期やお盆時期は予約したほうが無難です。

<悪天候等でのスケジュール変更、寄港地変更の確認先>
港変更、抜港は出港の2時間前に決定します。マルエーフェリーA’Line、マリックスラインのトップページに運航状況が表示されています。
今後の寄港地の抜港、港変更の可能性があることを条件付運航と言います。条件付運航となっているフェリーを利用する場合は、乗船・下船港のフェリー代理店に直接、電話で確認することをお勧めします。その日に運航するフェリー会社によって連絡先が異なりますので、ご注意ください。

マルエーフェリーの与論島代理店(与論港):0997-97-3251(有村運送店)
マリックスラインの与論島代理店(与論港):0997-97-3151(龍野運送店)

鹿児島航路時刻表

※入出港時間が変更になることがあります。詳しくは、マルエーフェリーA'Lineまでお確かめください。
那覇港発(上り)

時刻表 那覇港発(上り)
鹿児島発(下り)

鹿児島発(下り))
鹿児島航路の時刻表は、奄美大島のフェリーを利用するをご覧ください。

与論島の宿泊施設情報 Powered by NPO NERIYAKANAYA Residence

※このページは、特定非営利活動法人ねりやかなやレジデンス(NPO-NR)が運営しています。
ねりやかなやレジデンスでは予約等の斡旋は行いませんので、ご予約やお問い合わせは、直接、各施設にご連絡ください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、営業を自粛している宿もございます。
ご利用の際は、各施設の営業状況をご確認ください。

古里
民宿 楽園荘

中途半端な関西弁を話す、生まれも育ちも与論島のひでゆき楽園長、島根からのゲストが嫁になったあさみ社長、ひでゆきママのおかみが、与論島での楽しい滞在をサポートします。

お問い合わせ・申込
〒891-9307 鹿児島県大島郡与論町古里1279
担当:本園
TEL:0997-97-3574
URL:http://www.rakuensou.com/
与論島ペンションパラダイス楽園荘

PAGE TOP