不動産事情

島の中心部は不動産会社が仲介しますが、中心部以外は家主と借主の直接取引が中心です。流通物件の大半は、奄美大島の中心地「名瀬」のアパートやマンションです。しかも、築年数も設備も古いですが、家賃は4~5万円台と都市圏郊外とあまり変わりません。最近は、新築マンションも増えてきていますが、、家賃は6~7万円台と高めです。

家探しで何度も島を訪れているのに見つからないのが島あるある。貸家が需要よりも少なく、常に流通在庫があるわけではないからです。人口は減っているのに、世帯数はそれほど減少しない、つまり、大家族から核家族の世帯に今も移行中です。そして、いい物件は口コミで決まってしまうことが多いので、「インターネットで探しても表示物件に限りがある」、「不動産会社を実際に回っても希望の家はない」状態になります。 希望通りの物件に巡り合うためには、地元の人の紹介が必要だったりするので、時間がかかるのは覚悟した方がよいでしょう。

ただし、同じ奄美群島内でも島によって多少状況が異なります。
不動産会社が取り扱っている物件が中心部に集中する奄美大島。
流通物件が皆無に近いのは喜界島。
不動産会社が中心市街地以外の地域の物件も取り扱う徳之島と沖永良部島。
地元民でも家の足りない状態にある与論島。

でも、不動産取引に関する慣習で共通する部分もあります。

築古物件が主体

空き家の多くはアッと驚くようなボロ家です。「誰が住むんだろう」と思う人も多いかもしれません。くみ取りトイレも多いです。改修しないままで賃貸・売買することが普通で、その場合の改修費用は借主や買主持ちとなります。ただし、その分、賃貸料、購入価格は低めです。 築浅で水洗トイレの物件は転勤してくる人を対象にしていることが多く、家賃は高めです。

直接取引が中心

田舎の一戸建ては、大家と借主が契約する直接取引です。直接取引は、知り合いの紹介がないと家主が貸さない/売らないのが一般的です。

賃貸物件は島内保証人が必要な場合が多い

借主が家賃を滞納した場合に備えた大家のリスク軽減措置です。島内の保証人であればどこの誰かがすぐ分かり、滞納した家賃の取り立てが容易と考えるからです。
移住希望者が島内保証人を探すことは大変ですが、新しい勤務先などが相談に乗ってくれることもあります。また、不動産会社によっては家賃の6か月分程度の預り金で島内保証人不要とすることもあります。

インフラをチェックした方がいい物件が多い

古い家なら給湯、浄化槽などの付帯設備の状態を確認した方がいいでしょう。特に、空き家になっている期間が長い家は、機能しない設備がたくさんあるものです。
また、地上波デジタル放送受信回線、インターネット回線など、比較的新しいインフラ設備がない場合も多いです。インターネット回線が引き込まれていない場合、工事に数か月待たされる地域もあります。 山林原野を開発した分譲地は電気や水道が引かれていないこともあるので、事前に確認しましょう。

家探しのワンポイントアドバイス

家探しのワンポイントアドバイスをまとめました。「引越先が見つからない」と焦る前に、ちょっとしたクール ダウンに活用ください。

集落に知り合いを増やそう

良い物件は、在住者の中だけで情報が回るので、移住希望者に入ってくることはないと思った方がいいでしょう。より希望の物件を効率よく探したいと思ったら、先に地元にたくさんの知り合いを作る方が結果としては早くなります。 奄美群島の各島では地元民や移住者と交流できるプログラムを用意しているので、活用してみることをお勧めします。 詳しくは こちら

希望の場所にある家なら、借主負担で改修しちゃおう

気に入った場所にある物件は、ボロボロの家。よくあることです。でも、家を貸してくれる大家さんは少ないので、同じような条件の場所がなかなか見つからないのも、またよくあることです。そんなときは思い切って「自分でリフォーム!」です。
改修してまで貸したくない大家さんが多いので、思い切って費用折半、借主負担でリフォームを大家さんに提案してみるのも一考です。大工さんを雇って改修する方もいらっしゃる一方で、自分でコツコツ直して住んだ移住者もたくさんいます。

自治体の空き家バンクや定住促進住宅をチェックしよう

流通物件の少ない地域を中心に、市町村が空き家を仲介したり、紹介したりしてくれます。また、自治体が定住促進住宅を用意している場合もあるので、住みたい島の自治体の住宅支援情報をチェックしましょう。空き家バンクは常に物件があるわけではなく、こまめなチェックが大切です。定住促進住宅は募集期間が決まっている場合も多いので、やはり事前に調べておきましょう。

自治体の住宅にはどんなものがあるの?

公営住宅

どこの自治体にもある市町村営の住宅です。住民票がある、または移すことが前提になります。一軒家よりも集合住宅タイプが多いです。家賃が安く設備が整っている公営住宅は、在住者にも人気が高く、競争率は高いです。所得制限の内容や単身世帯は不可などの入居条件は、市町村によって異なります。

定住促進住宅

空き家となった民家を市町村が借り受け、改修した後に貸し出す移住者向けの公的住宅です。地域に定住し、地域行事への参加や地域の伝統・特色を生かした地域コミュニティの活性化に貢献する「地域活性化の担い手」になることが求められます。入居条件、賃貸期間や家賃は、市町村によって異なります。

空き家バンク

空き家を貸したい人と借りたい人のマッチングを支援する制度です。ただし、物件紹介までが一般的で、家主と借主の相対取引となることが多いです。契約書等がない場合が多く、家主・借主の責任が不明確で入居後にトラブルが発生することがあります。

サブリース物件も検討してみよう

「島の田舎の一軒家を借りたい、一軒家を自分好みにリフォームしたい。」と思っていても、不動産会社を回っても見つからない。
「空き家の大家さんは分かったけれど、契約の仕方が分からない。」 「直接取引って、何か、怖い・・・。」
そんなときは、「サブリース」という方法も検討してみてはいかがでしょう。
サブリースとは、第三者が「大家から空き家を借り受けて住みたい人に貸す」というしくみで、奄美群島ではNPO法人あまみ空き家ラボが運営しています。今は、荷物が残っている、雨漏りしているなどの難あり物件が多いですが、原則リフォーム自由みたいですよ。
あまみ空き家ラボのサブリース物件情報は こちら
NPOでは、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律 (令和2年12月15日施行)に基づいてサブリースを行っています。

仮住まいしてから本気で家探しする

知った顔から家探しを相談されるのと見知らぬ人から相談されるのは、島の人にとっては気持ちの入れようは雲泥の差になります。まずは希望の土地で知った顔になるために仮住まいという手もあります。住んでいると、思わぬところから思わぬ情報が飛び込んできます。 仮住まい住宅を用意している自治体もありますし、集落にどっぷりつかることのできるショート・ロングスティ用の賃貸・滞在ハウスも増えてきました。一度、チェックしてみましょう。
詳しくは こちら

大和村で家探しをするなら

大和村役場の移住担当者が教えてくれました。
不動産会社が1軒もない大和村は不動産会社も敬遠しがちで、不動産取引は、原則、相対取引。大家さんと知り合いになれるかどうかで、希望の家に住めるかどうかが決まります。住んでいれば、必ず人伝えにつながりが広がるので、まずは村営住宅に入居してしまうのがお勧めです。最初に住む家に理想を求めると、永遠に越して来れないかも。

不動産物件情報

奄美群島12市町村が保有する住宅、民間の不動産物件情報のリンク集です。
奄美群島の宅建協会会員一覧は こちら


インターネットで物件検索できる不動産会社一覧はこちら

奄美大島

奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島

奄美市

奄美市空き家バンク(名瀬地区/住用地区/笠利地区)
奄美市定住促進住宅
鹿児島県営住宅(奄美市/龍郷町/瀬戸内町)

瀬戸内町

せとうち空き家バンク
瀬戸内町移住体験住宅(嘉鉄集落/押角集落)
鹿児島県営住宅(奄美市/龍郷町/瀬戸内町)
※瀬戸内町空き家バンクはありません。
※町公営住宅については、建設課住宅係(TEL:0997-72-1197)にお問い合わせください。

龍郷町

龍郷町空き家バンク
鹿児島県営住宅(奄美市/龍郷町/瀬戸内町)
龍郷町公営住宅は龍郷町役場までお問い合わせください。

宇検村

宇検村村営住宅・定住促進住宅は建設課(TEL: 0997-67-2214)までお問い合わせください。
※宇検村空き家バンクはありません。

大和村

大和村営住宅(公営住宅/定住促進住宅/特定公共賃貸住宅)
※大和村空き家バンクはありません。

サブリース物件はこちら☟

NPOあまみ空き家ラボ

喜界島

喜界島

喜界島

喜界町空き家バンク
喜界町公営住宅は喜界町役場まちづくり課住宅管理係(TEL:0997-65-3690)までお問い合わせください。
一般の不動産仲介物件はカ・ナウ不動産(鹿児島県大島郡喜界町湾555-7、TEL:0997-65-0374)

徳之島

徳之島

徳之島町

徳之島町定住促進住宅(金見集落)
徳之島町公営住宅は徳之島町役場建設課住宅係(TEL:0997-82-1111)までお問い合わせください。

天城町

天城町空き家バンク
※天城町公営住宅は天城町役場建設課(TEL:0997-85-5241)までお問い合わせください。

伊仙町

伊仙町空き家バンク
※伊仙町公営住宅は伊仙町町役場(TEL:0997-86-3111)までお問い合わせください。

沖永良部島

与論島

沖永良部島

与論島

与論町空き家バンク
与論町公営住宅
与論町定住促進住宅(サンセット江ヶ島)は与論町役場までお問い合わせください。

ショート・ロングスティ用の賃貸・滞在ハウス

このコーナーは、あまみ空き家ラボ(NPO法人名称変更予定)が運営しています。

島暮らしを実感するには、ショート・ロングスティ用の賃貸・滞在ハウスの活用がお勧めです。 テレワークに対応できる宿や施設もあります。
新型コロナウイルスの影響でお客様の受け入れが困難だと宿・施設が判断した場合は、予約を頂いていてもキャンセルをお願いする場合があります。

各施設にある表のアイコンの意味は下記の通りです。

アイコン説明

奄美大島・加計呂麻島

龍郷町瀬留
島泊愛かな NEW

2019年4月にオープンした宿です。1階は吹き抜けの明るい共有スペース、2階はふかふかの布団にこだわったツインの洋室と琉球畳の広い和室があります。 泥染め体験や冬はタンカンもぎも楽しめます。

お問い合わせ・申込
〒894-0102 龍郷町瀬留字森足原1116
TEL:0997-62-3179
HP:http://www.aikanakobo.com/yado/
Mail:aikana@oregano.ocn.ne.jp
島泊愛かな
島泊愛かな
島泊愛かな
島泊愛かな
島泊愛かな
島泊愛かなグラフ
龍郷町手広
民宿 結の家 

サーフィンで有名な手広海岸にある、アットホームな雰囲気でゆったりした時間を満喫できる素泊まりの宿です。

お問い合わせ・申込
〒894-0411 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1747-4
TEL:0997-55-4333
HP:https://www.yuinoie.com/
Mail:yuinoieyhiguchi@gmail.com
民宿 結の家
民宿 結の家グラフ
龍郷町秋名
GAMA屋 

龍郷町秋名集落にある和洋室の庭付き一棟貸しで、キッチン用品、洗濯機など、基本的な家電はご用意しています。観光地化されていない自然豊かで静かな集落の中で、島の暮らしありのままを感じられる宿です。

お問い合わせ・申込
〒894-0333 鹿児島県大島郡龍郷町秋名1767-1
TEL:090-7470-3143
HP:https://yado.e-akina.com/shima-yado/gamaya/
GAMA屋
GAMAグラフ
龍郷町秋名
どぅぬ屋 

龍郷町幾里集落にある奄美らしい民家を、清潔感をモットーにリフォームした一棟貸の宿です。キッチン用品、洗濯機など、基本的な家電はご用意しています。奄美らしい集落環境で一般的な空き家を借りたリアルな島暮らしを体感していただけるかと思います。

お問い合わせ・申込
〒894-0333 鹿児島県大島郡龍郷町秋名1767-1
TEL:090-7470-3143
HP:https://yado.e-akina.com/shima-yado/dwunuya/
どぅぬ屋
どぅぬ屋グラフ
奄美市名瀬
ウィークリーマンションHUB 

奄美市の中心市街地にあるアパートメントタイプの宿泊施設です。
ベッドルーム、リビングルーム、テレビやWIFI、ダイニングキッチン、バスルーム、洗濯機が備わり、長期滞在の方にお勧めです。 運転免許がなくても不自由なく滞在できますよ。

お問い合わせ・申込
奄美市名瀬末広町9-24 松元ビル2階
TEL:080-8350-1781
Mail: bikya@yahoo.co.jp
ウィークリーマンションHUB
Hubグラフ
HUB
HUB
HUB
HUB
HUB
龍郷町龍郷
match guest house(まっちゲストハウス)

あまみ空き家ラボ(NPO法人名称変更予定)が運営しています。定員2名の1棟貸の新築ゲストハウスで、滞在が長くなるほど、お得になります。コンパクトでスタイリッシュな規格住宅のモデルハウスでもあります。

お問い合わせ・申込
〒894-0321 鹿児島県大島郡龍郷町龍郷港271
あまみ空き家ラボ(NPO法人名称変更予定)
match guest house(まっちゲストハウス)
予約お問合せフォームはこちら
TEL:070-6656-0278(佐藤)
matchゲストハウス1
マッチゲストハウスグラフ
龍郷町戸口
しま暮らし体験ハウスなかほ

あまみ空き家ラボ(NPO法人名称変更予定)が運営しています。集落のどまん中にある一軒家です。マンスリーは定員4名までで、ご家族の利用に最適です。近くには野鳥が飛来する川や貝とりや釣り好きが集まる海岸、泥染体験ができる工房などもあり島暮らしを堪能できます。

お問い合わせ・申込
〒894-0107 鹿児島県大島郡龍郷町戸口1825
あまみ空き家ラボ(NPO法人名称変更予定)
しま暮らし体験ハウス「なかほ」
予約お問合せフォームはこちら
TEL:070-6656-0278(佐藤)
なかほメイン写真
なかほグラフ
奄美市名瀬
ゲストハウスハルの家

説明:飾らない素朴さと自然を取り入れる心から、日本美意識の原点を感じることができる、南の島の小さな古集落にある古民家ゲストハウスです。奄美の美しい自然に身をゆだね、「集落浴」に浸る、古い日本の美意識をお楽しみください。

お問い合わせ・申込
ハルの家
奄美市名瀬大字名瀬勝1670
TEL:0997-58-8702
Mail: info@shimayado.work
定員:4名
ハルの家
ハルの家グラフ
瀬戸内町
町営 移住体験住宅

瀬戸内町へ移住を検討されている方を対象に、1週間から半年まで利用できる町営の移住体験住宅です。一定期間、実際にシマに住んで田舎暮らしを体験してください。家具も家電も備品も付いています。 奄美大島側の嘉鉄(かてつ)集落に1戸、加計呂麻島側の押角(おしかく)集落に1戸あります。 利用料金は、2,000円/泊、50,000円/月(光熱費込)です。
詳しくはこちら↓

お問い合わせ・申込
〒894-1506 鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23
瀬戸内町役場 企画課 企画振興係
TEL:0997-72-1112
Mail:shinkou@town.setouchi.lg.jp
町営 移住体験住宅

沖永良部島

和泊町
47ホステル(ヨンナナホステル)

商店街の空き店舗を活用した交流型宿泊施設です。お風呂とトイレ、キッチンは共用です。
ウィークリー、マンスリー料金の設定があり長期滞在やワーケーションにもおすすめです。
いまならGOTOトラベルキャンペーンが適用されます。

お問い合わせ・申込
〒891-9112 鹿児島県大島郡和泊町和泊字東風平576-5
TEL:090-9025-5285(市来)
URL:https://47hostel.business.site/
47hoste8
47hoste7
47hoste6
47hoste9
47hoste10
47hoste11
47グラフ
和泊町
町営しま暮らし体験住宅

和泊町では、自治体区域外から移住を希望する人が定住地を探す間に滞在できる「しま暮らし体験住宅」を用意しています。家電等の備品が付いています。 内城に1戸、和泊に2戸、西原に1戸あります。
利用期間は1年未満で、家賃は2万円/月、敷金は家賃2か月分となっています。

お問い合わせ・申込
〒891-9192 鹿児島県大島郡和泊町和泊10
和泊町役場 企画課
TEL:0997-84-3512
FAX:0997-92-2116
Mail:kikaku@town.wadomari.lg.jp
町営島暮らし体験住宅

行政の住宅支援

奄美群島12市町村が実施している住宅に関する行政支援の内容をまとめました。
ただし、同じ単語でも市町村によって内容が微妙に異なることもあります。詳細は、直接、各市町村HPを参照、または定住担当者にご確認ください。
定住担当者一覧はこちら

奄美大島

移住者向け住宅支援(2021年3月現在)

奄美市 瀬戸内町 龍郷町 宇検村 大和村
公営住宅
定住促進住宅
単身不可

単身不可
×
空き家バンク × ×
リフォーム助成
(建設課)
新築助成 ×
合併浄化槽のみ
中古物件購入助成 × × ×
短期滞在住宅 ×
1週間~半年
× × ×

奄美市

(2021年3月現在)

奄美市では、移住希望者向けの住宅支援として空き家バンク定住促進住宅の整備、 住宅購入助成、 リフォーム助成を行っております。移住希望者の方は、奄美市HPから「空き家バンク利用希望登録」を行ってください。奄美市の空き家バンクは、鹿児島県宅地建物取引業協会の不動産会社が仲介します。
詳しくは奄美市HPの空き家バンクページをご覧ください。
住宅購入費助成およびリフォーム助成はこちらを参照ください。予算がなくなり次第、終了致します。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 建築住宅課 0997-52-1111 kenchiku@city.amami.lg.jp
プロジェクト推進課 0997-52-1111 pjsenryaku@city.amami.lg.jp

瀬戸内町

(2021年3月現在)

「ちょっと暮らし」をサポートする半年まで滞在できる体験住宅の他、定住促進住宅、空き家バンクがあります。リフォーム資金の助成と、内容は充実しています。
詳しくは瀬戸内町役場企画課(TEL:0997-72-1112)までお問い合わせください。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 建設課住宅係 0997-72-1197 お問い合わせフォームをご利用ください。
企画課企画振興係 0997-72-1112

龍郷町

(2021年3月現在)

空き家バンクの他、移住相談等の窓口として移住ガイドセンター「住もうディ!」を設けています。オンライン相談や気軽なLINE相談も行っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
移住全般 移住ガイドセンター「住もうディ!」 0997-58-8843 https://tatsugo-iju.com/contact
公営住宅 建設課 0997-69-4521 kensetsu@town.tatsugo.lg.jp
企画観光課 0997-69-4512 kikakukanko@town.tatsugo.lg.jp

宇検村

(2021年3月現在)

移住者向けの支援として、定住促進住宅の整備、住宅購入、リフォーム助成を行っています。また、移住者・Uターン者が村営住宅に入居する場合、1年間を限度として家賃の助成があります。詳しくは宇検村建設課までお問い合わせください。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 建設課 0997-67-2214 kensetsu@uken.net
企画観光課 0997-67-2211 kikaku@uken.net

大和村

村営住宅などがあります。詳しくは、大和村役場総務課(TEL:0997-57-2111)までお問い合わせください。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 総務課 0997-57-2111 somu@vill.yamato.lg.jp
企画観光課 0997-57-2117 kikaku@vill.yamato.lg.jp

喜界島

移住者向け住宅支援(2021年3月現在)

公営住宅
定住促進住宅 ×
空き家バンク
リフォーム助成
単独浄化槽から合併浄化槽に変更する場合
新築助成
条件があります
中古物件購入助成 ×
短期滞在住宅 ×

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 合併浄化槽 まちづくり課 0997-65-3691(直通) kensetsu-s1@town.kikai.lg.jp
企画観光課 0997-65-3683(直通) Kikaku-2@town.kikai.lg.jp

徳之島

移住者向け住宅支援(2021年3月現在)

徳之島町 天城町 伊仙町
公営住宅
単身不可
定住促進住宅
単身不可
×
空き家バンク
リフォーム助成
新築助成

徳之島町

(2021年3月現在)

徳之島町が民間の空き家を借り受け、改修し移住定住希望者へ転貸する定住促進住宅 があります。ただし、戸数に限りがあるので、希望の時期に必ず入居できるわけではありません。
リフォーム助成・新築助成は下水に関することで、対象地区での下水道接続補助として最大で55万円、または合併浄化槽設置の助成があります。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 合併浄化槽 建設課住宅管理係 0997-82-1111 kensetu@tokunoshima-town.org
企画課 0997-82-1111 kikaku4@tokunoshima-town.org

天城町

(2021年3月現在)

空き家バンク情報を公開しています。

リフォーム助成は、以下の3つあります。

►合併浄化槽の設置助成

►Uターンを対象とした「お帰りなさい住宅改修補助」

►空き家改修補助

新築助成は、以下の2つがあります。

►合併浄化槽設置の助成

►新婚さん応援生活補助

伊仙町

(2021年3月現在)

空き家バンク情報を公開しています。
利用をご希望の方は事前登録が必要となります。
リフォーム助成・新築助成は合併浄化槽設置の助成です。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 建設課住宅係 0997-86-3111 kensetu01@town.isen.lg.jp
未来創生課 0997-86-3111 miraisousei01@town.isen.lg.jp

沖永良部島

移住者向け住宅支援(2021年3月現在)

和泊町 知名町
公営住宅
(単身でも条件によっては可)
定住促進住宅
空き家バンク
リフォーム助成 ×
新築助成 × ×
中古物件購入助成 × ×
短期滞在住宅
移住お試し住宅(1年未満)
×

和泊町

(2021年3月現在)

最長1年、住民票を移さなくても滞在できる「しま暮らし体験住宅」があります。備付備品及び貸与備品もあります。
「くらすわどまり」の住まいページの空き家バンクで空き家を紹介しています。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 リフォーム 土木課 0997-84-3520(内線301) doboku@town.wadomari.lg.jp
企画課 0997-84-3512 kikaku@town.wadomari.lg.jp

知名町

(2021年3月現在)

最長3年間住める「定住促進住宅」があります。家賃は、1年目が5,000円/月、2年目は20,000円/月、3目が30,000円/月となります。ただし、戸数に限りがあり、また人気の住宅なので、希望時期に入居できないこともあります。
また、空き家バンクで空き家を紹介します。
詳しくは知名町HP の「移り住む>知名家」ページをご覧ください。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
住宅全般 企画振興課 0997-84-3162 (内線342) kikakus@town.china.lg.jp

与論島

移住者向け住宅支援(2021年4月現在)

与論町
公営住宅 ただし、基本的に単身不可
定住促進住宅
空き家バンク
新築・リフォーム助成
新築助成 合併浄化槽のみ
中古物件購入助成 ×
短期滞在住宅 ×

与論町

(2021年3月現在)
►与論町移住者住宅支援補助金

町外からの移住者が居住するための新築・改修に係る費用の3分の2(上限100万円)を助成します。

►与論町住宅整備支援補助金

貸し出すことを目的とした、新築や改修に係る費用の3分の2(上限100万円)を助成します。リフォーム後与論町空き家バンクに登録することが前提となります。

►合併浄化槽設置費用の助成

新築・リフォームで合併浄化槽を設置する場合、助成があります。

【お問い合わせ窓口】

担当部署 TEL Mail
公営住宅 建設課 0997-97-4928 町営住宅入居申込書はこちら
総務企画課 0997-97-3111 kikaku@yoron.jp

奄美への引っ越し術

住まいが決まって、「次は引越!」と思って業者さんに見積もりを取ってびっくりするのが、奄美群島の島々への転居事情です。
インターネット通販でも、配達区域外、特別配送地域になりがちな離島です。都会の引越と同じと考えていると、とんでもないことになります。

東京のマンションに夫婦で暮らしていたYさんは荷物が多いと自覚していましたが、各社の見積もり金額は100万円超!

静岡に暮らしていたHさんファミリーは、引越代の高さから詰めるだけの荷物を車に積んで、後は通販で家財道具を揃える決心をしました。

今回は、賢明な引越術を専門家に聞いてみました。
回答者は、奄美群島に特化した引越サービスを展開するアイランデクス株式会社の池田さんです。

引っ越し術の内容はこちらから

  • HOME
  • >
  • 奄美に住もう
  • >
  • 住まい
  • >
  • 不動産事情

PAGE TOP

PAGE TOP